2009 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
天野君、再現!  08/27/2009  
天野君、再び我が家に現れる・・。


最近、ハルの主張が強くなってきた。
生まれた直後から自己主張は強かったけれど(母乳を飲んで
お腹いっぱいになると自分から手で私の身体を押して、「もういらない!」
のサインをしたのが生後1日目)。。。

ハルは天邪鬼期らしく、指を指す&声で「これ、ちょうだい!」とアピール
するくせに、いざ私がそれを渡そうとするとプイッと横を向いて立ち去ろうとし、
そしてまたこちらに戻ってきて「ちょうだい!」アピールして、また立ち去り・・。
の繰り返し。
結局最後は欲しい物をゲットしてご満悦になるのだけど。

まだ喃語の中に辛うじて単語がちょと入る位のレベルでしか話せないけれど
その喃語を訳すと私とのやり取りはこんな感じになりそう。


陽:「ママッ! ナンダカ コバラガ スイテキタカラ ソノ オカシ チョウダイッ!」

私:「ハル。 これが食べたいの?」

陽:「ソウダヨッ! ダカラ ソウイッテルジャンッ!」

私:「じゃ、1つだけね。」

陽:「チッ。 1ツダケカヨ・・・。 ジャ、イラネェヨ。」 

  (ハル、プイッと横を向き一旦立ち去る)

私:「あれ? いらないの? じゃあ、しまおうっと。」 

  (ハル、横目で私がお菓子をしまおうとするのを確認)

陽:「オイオイ。 チョットマッテクレヨッ! イラナイ トハイッテイナイヨ!」

  (ハル、すごい勢いで私の方へ近づいてくる)

私:「え? いるの? いるんだったら素直にもらえば良いのに・・。」

陽:「ショウガナイカラ モラッテアゲルヨ。」

  (ハル、結局はお菓子を手にとり満面の笑みで立ち去る)


実際には

渡そうとする→プイッと立ち去る→戻ってくる→渡そうとする→プイッと立ち去る
→戻ってくる→渡そうとする ・・・

といった具合で何度かこのやり取りが繰り広げられた後にようやく
お菓子を受け取る感じ。


第一次反抗期、第一次天邪鬼期 ってところでしょうか。


そういえば、同じ位の月齢の時にテルも天野君だったなぁ。。


スポンサーサイト
育児日記 | 育児  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑
なぜ?  08/26/2009  
いつの間にかハルは家族の呼び名は言えるようになっていて、

テルのことは 「テル」

パパのことは 「パパ」

と言っている。

しかしながら、まことに遺憾ながら、とっても不思議なことに
私(ママ)のことは 

「マー」

と言う。

なぜ?どうして? 

一生懸命訂正しようとして、私が「ママ!」 「ママ!」と言っているのに
依然としてハルが発するのは「マー」。

泣く時にも 「マァッ~・・・・!」 と叫びながら泣いているし。。

・・・。

謎。
育児日記 | 育児  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
この週末は久々の育児フリー状態だった。

テルは夫家の祖父母&従兄弟達と軽井沢へ行き(帰ってくるのはまだ先)、
ハルは私の実家にお泊り。

よって、私は2珍獣から解放! 
きゃっほ~いっ♪

いやぁ。 なんと気楽だったことか。
家は静かだし、汚れないし、自分ペースに生活できるし。

両家の協力のもとに私は羽を伸ばしたい放題だったわけで。
ありがたや~!!

たまには必要だわね。 こういうの。 とシミジミと思った。
育児日記 | 育児  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑
子供の目線  08/17/2009  
週末、夫の実家へとお泊りに行っていたテル。

今朝、朝食を食べながら、

「そういえばさぁ、このあいだ オオママ といっしょに あかいゴミ箱 に
 おてがみを すてたんだよ♪」

と話し出した。
赤いゴミ箱にお手紙を捨てた??? それってポストじゃ・・。
ということで、

「それは赤いポストのことを言っているの?」
「ポストにお手紙を出しに行ったということ?」

と聞くと

「そうだよ。 ポスト だよ。」
「ポストに おてがみ いれたんだよ。」

とテル。

「ポストはゴミ箱じゃなくて、そこにお手紙を入れておくと郵便やさんが
届けてくれるんだよ。」

と説明すると、

「大ママもさぁ、 ゆうびんやさん くるかな~? っていってたよ。」

と得意げに話していた。。


分かっているようで分かっていないようで、でも分かっているのかぁ。
と思った。

ポイっと何かを入れる箱 = ゴミ箱  という発想かな。
 | 育児  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
鋭い指摘  08/10/2009  
誰も教えていないけれど、なぜかハーモニカを吹くテル。

実家に遊びに行った時に、私が幼少期に使っていた楽器達の一部
(木琴、トライアングル、カスタネット、ハーモニカ)を子供達の玩具にと
もって帰ってきたのが大分前のこと。
そしてそれを目ざとく見つけたテルは全てを自分の玩具として良く遊んでいる。

楽器って子供が訳も分からず使うと結構大きな音が出て、ちょっとうるさい。。

テルのハーモニカは正にそれで、本人は吹いたり吸ったりしながら
何か曲を演奏しているつもりらしく、楽しそうに身体を揺らしながら吹いている
のだけど、周りからすると耳障りだったりするわけで・・。

朝の忙しい時間にそれをされると頭にハーモニカの音がガンガンに響き
ドッと疲れが出る感じがする。

今朝もハーモニカをおもむろに取り出したテルがニンマリと笑いながら吹き出した
ので、

「テル、今 ハーモニカを吹くのはやめてくれる?」

と言うと、

「え? なんで? ハーモニカ は おそとで ふくものだから?」

と問い返してきた。 それをうけてまた私が、

「う~ん。 お外で吹くのもちょっと問題があるかも・・。」

と言うと、

「じゃあさぁ、 いったい どこで ハーモニカを ふけばいいわけ?」

と眉間にしわを寄せて反論してきた。

ううううん。 確かに。 何処で吹けばよいわけ? と聞かれると正直、
何処でも吹いてほしくなかったりする訳で・・
なかなかの受け答えだなぁ。と少々感心したりもして。

ちょっと困った挙句

「ハーモニカはそこにいる人達が、ハーモニカを聞きたいなぁと思っている時に
吹いてね」

と言うと、

「え?なんで? だってさぁ。 テルは吹きたいんですけど」
「ハーモニカを ききたいなぁ とおもっているとき って さぁ。 あのさぁ。。」

とブツブツ文句を言いながら、全くもって腑に落ちていない感じだったので

「じゃあさ、トイレでオシッコやウンチ が出たら 吹くことにしたら?」

と提案すると、

「うん! いいよ♪ じゃあ、そうする!!」

と納得(快諾)していた。

どんな、納得の仕方じゃい! 
と自分で提案したことではあるけれど、突っ込みたくなった。
ま、一件落着ということで・・。


でもでも。。
今後トイレに行く度に プーカプーカ と ハーモニカを吹かれるのもなぁ・・・。


今朝の会話を忘れていることを祈る私。


 | 育児  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
おしいっ!!  08/04/2009  
突然だけど、テルは結構な”舌足らず”。

話大好きで良く話すし、長々とした文章で自己主張したりするけど、

残念ながら”舌足らず”。

口を尖らせて一人前に文句をたらたら言ったりするけれど

やはり”舌足らず”。


舌足らずを文字化するのは面倒なのと文字に表すのがちょっと
難しかったりするのでこれまでは一々していなかったけれど、
それをあえて表現するとするならばこんな感じ。

「ねぇ。ママァ。 はやくたぁ、ごはん とぅくってほてぃいんでとぅけどぉお。」
「だってたぁ。 ティル は おなか ちゅぃちゃったんだよねぇ。」
「はやく たべたいんでちゅけどぉ。 」

↓訳すと↓

「ねぇ。ママ。はやくさぁ。ご飯作ってほしいんですけどぉ。」
「だってさぁ。テルはお腹すいちゃったんだよねぇ。」
「早く食べたいんですけどぉ。」



多分、サ行が上手く言えなくて、

さ⇒た
し⇒ち
 ⇒てぃ
す⇒ちゅ
 ⇒しゅ
 ⇒とぅ
せ⇒て
そ⇒と

となっているみたい。

これ(この法則?)に気づいた私は、夫と共にニヤリと顔を見合わせて、
いつものように長々と一生懸命に話をするテルに向かって

「ねぇ。テル。”ダイ〇ハウス”って言ってみて」

と話をさえぎりながらオーダーしてみた。
すると、自分の話の途中で訳の分からぬオーダーをされたテルは
若干怒りモードで口を尖らせながら

「えぇ。やだ。 だってたぁ、 なんで ”ダイ〇ハウチュ” っていわなきゃ
いけないわけ?」
「なんでだよぉ。 なんで ”ダイ〇ハウチュ” なんだよぉおおお」

と見事に期待通りの答えを返してくれた。

それをうけて、夫と私は大爆笑!

当然のことながらテルにとっては何とも居心地の悪い空気となっていた
様で、何度となく「ダイ〇ハウチュ」を連呼しながらプンプンと
怒っていた。

ぷぷぷぷぷ。


大人ばりに

「せっかくママが作ってくれたんだけど、テルはこれ苦手なんだよね~」

と、本人はサラリと言っているつもりでも、結果やはり舌足らずで、

「てっかく ママが とぅくってくれたんだけど、ティルは これ にがて
 なんだよね~」

となっている。


うううん。 
おしいっ!! 

育児日記 | 育児  | TB(0)  | CM(4) | Page Top↑
どこで覚えたのか…  08/02/2009  
まだ言葉にならないけれど良く話すハル。

言ったことを真似ているような感じ。

私が言ったことへの反応も様々になってきた。

その中でも驚いたのが悪戯を注意した時の反応。

一歳過ぎたし、そろそろ「してほしくないこと」は伝えていこうかな。と思い、
食事時、私の様子を伺いながら楽しそうにパンを床に落とすハルにむかって

「ハル。パンを床に落とすのはやめてね。」

と、あえて厳しい表情を作って言ったところ、

白目をむく勢いで視線だけ天井に向けて斜め上を見上げ、
シレ~っとした顔をしたハル。

そのつくられた表情が"ちびまるこちゃん"みたいで可笑しくて、
もう一度、

「ハル。パンは床に落とさないでね。」

と言うと、今度は一瞬白目を向いて視線を宙に泳がせた後、
プイッと顔を横にむけてしまった。

一旦横を向くとなかなか元に(正面に)もどれなくなるらしく、視線だけ私の方にチラチラと
向けながらその後の対応を考えている(ように見受けられる)。

いつもの如く悪戯心がくすぐられた私は、ハルが顔を向けている方に回り込み、

「何してるの?」

と聞くと、瞬時に白目をむいたハル。


困った時の"上目遣い"ならぬ"白目遣い"。

そんな技いつの間に身につけたのか。とビックリ!


嘘泣きも習得済みだし、お風呂上がりのマーキングは常習犯だし、
便器の水で遊ぶし、なかなか面白くなって参りました(T_T)。


ははは。

日々、ケ~セラセラ~♪ で☆
 | 育児  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク